1.沿 革

平成14年01月

名古屋市名東区一社に民間の任意団体「第一電気保安協会」として発足し、

自家用電気工作物の外部委託保安管理業務を開始する。

平成16年11月

 自家用電気工作物の外部委託保安管理業務を行う協同組合として、初めて中部経済産業局長の認可を受ける。

(中部経済産業局長認可 平成16年11月09日 中部第48号)

平成17年01月 協会名を「協同組合第一電気保安協会」と改名し、法人格を持った協同組合として活動を開始する。
平成17年01月 愛知県中小企業団体中央会に入会する。
平成24年11月 (社)日本電気技術者協会に入会する。 

 

2. 表 彰

エネルギー管理功労賞 財団法人省エネルギーセンター(東海北陸支部長長)
模範電気技術者 財団法人日本電気技術者協会(中部支部 会長)
優良技術者 財団法人火力原子力発電技術者協会(中部支部長)
電気保安功労者 電気安全中部委員長(中部通産局長)
技術功労賞 中部大口電力需要家協議会(会長)

 

3.若年技術者へ技術の継承        

産業界で長年蓄積させて頂いた電気技術の豊富な知識・貴重な体験を組合の内外を問わず若年技術者の役に立てばとの思いから雑誌の執筆活動及び師を通して技術継承活動を行っております。

オーム社発行の電気雑誌「新電気」執筆活動      

① 2002年4月  がんばれ新入電気技術者、実践的電気技術と私  

② 2003年5月  現場でトラブル発生その時あなたは  

③ 2004年6月  電気関係法規を理解しよう  

④ 2006年1月  電気機器の自己紹介 銘板は語る  

⑤ 2006年2月  誘導電動機の始動手順  

⑥ 2009年1月  電気設備年次点検の計画と行い方  

⑦ 2011年1月  高圧受電設備の重大事故防止  

⑧ 2011年2月  高圧断路器の負荷電流生切り短絡事故  

⑨ 2011年3月  電気保安管理の取組みに対する思い  

⑩ 2014年1月  経験から学ぶ 電気保安管理のイロハ  

⑪ 2016年5月  「経験」という財産を絶やさないために...電気技能・技術の継承  

⑫ 2017年7月  定期点検の基礎知識  

⑬ 2017年8月  高圧電路、高圧機器の絶縁抵抗  

⑭ 2017年9月  高圧活線近接作業の感電防止

4.講師活動       

①日本電気技術者協会中部支部 電気主任技術者三種講座       

②某ビル管理会社       自家用電気工作物保安管理      

   若年電気技術者 ***これだけは知っておこう***  

 

5.マスコミ報道

   私たちの技術活動が評価されて、新聞・テレビの取材を受けました。

 

    1. 平成15年2月 中日新聞「市民版」

    2. 平成15年2月 中部経済新聞「あの人この話」

    3. 平成15年3月 中部読売新聞「社会面」

    4. 平成15年2月 NHK総合テレビ「ウィークエンド中部」

    5. 平成18年3月 全国中小企業団体中央会発行「先進組合事例抄録」

マスコミ報道